【転職する前に】ちゃんと確認しないとまずい!入社後に後悔したこと7選

わくわくして転職したものの、

いざ入社したら「おや、ちょっと様子が違うぞ・・・?」

という経験はありませんか?

 

今回は筆者が転職、入社したときに後悔したことをご紹介します。

筆者の失敗を糧に皆さまの失敗回避につながればうれしいです・・・

内定出たからとりあえず承諾して入社

会社員しながらならまだしも、仕事がない状態で転職活動してるときって焦りますよね。

早く収入得ないと生活できない・・・

そんなときに内定が出ると生活のためにとりあえず入社してしまいたくなりますよね。

多少気になることがあっても目をつぶって

 

ですがそうすると入社後に気になることがどんどん出てきて、

結果早期退職につながりやすくなります。

入社の時点で気になることがあったら、

内定が出ても即答せず、一歩踏みとどまる必要があります。

特にやりたいことないのに入社

そこまできになっている会社でもないけど、

内定出たしとりあえず入ってみるか・・・

という軽い気持ちで入社するのも早期退職の原因にないります。

 

やってみたい仕事だった、給料がいい、福利厚生がいいなど、

入社する理由を明確にしてから入社するようにしましょう

(そもそもなぜ応募したのか気にはなるところですが結構あるようで)

志望度ゼロなのにあわてて就社

↑とちょっと似てますが、

仕事はやりたいけどその会社である理由は特にないという場合は、

怒られたり理不尽なことがあるとすぐ退職したくなることでしょう。

なぜその会社である必要があるのかも明確にしておきたいところですね。

入社前に疑問に思ったことを聞かずに入社

入社前に疑問に思っていることは入社解決するどころかさらに疑問が増えて不信感につながります(経験談)

入社しないとわからないこともあるので疑問ない状態で入社しましょう!とはいえませんが、

入社前の時点で疑問に感じていることは入社前に解決して、納得して入社したほうが仕事続くと思います(実体験)

待遇が今の会社・希望よりも悪いのに入社

仕事が楽になるかわりに待遇が下がることは転職あるあるですし、

↑を目的に転職活動をしている人もいると思います。

 

ただ、もし年収アップやキャリア、スキルアップが目的で入社するのであれば、

たとえ仕事内容がとてもやりたいことだったとしても、

収入をはじめとした待遇が下がる転職はおすすめできません。

 

理由は手元に入るお金が減ることは意外とストレスになるからです。

お金よりもプライベートな時間がほしいのであればそこまで気にならないと思いますが、

待遇が下がるのはちょっと・・・という人は要注意です

残業多いのに入社

仕事に生きる!くらいの熱量ならいいですが、残業した努力を会社はあまりみてません。

 

しかし友達、恋人、家族は残業ばかりの人という印象を持つとその印象はなかなか消えません。

 

プライベートな時間を重視したいのであれば特にですが、残業は少ないに越したことはありません。

もしお金目当てで残業するのであれば、その時間で副業したほうが稼げる可能性が今は大きくなるかと。

行きたい業界、業種、仕事内容を絞りきらなかった

待遇面ばかり見ててよかったとしても結局ここが定まってないと早期退職になりやすいです

 

まとめ

転職は実際入社してみないとわからないことも多いと思いますが、

入社前に上記のポイントを押さえればMAX失敗した!というのはある程度予防できるかと思います。

 

入社前に要チェックしてくださいね。